妊活通信ー赤ちゃんを望むあなたへー

妊娠のしくみ

不妊とはどういう状態か

日本では「不妊」という状態は明確に定義されています。
避妊をせずにセックスを定期的にしているにもかかわらず2年以上妊娠しない場合を「不妊」と呼んでいるのです。
近年では、10組中1組のカップルが不妊に悩んでいるとも言われています。
不妊症のタイプは大きく分けて2つあり、一つは「器質性不妊」と呼ばれます。
これは体質や体の器官の問題による不妊で、原因が特定できるものを言います。
例えば、男性の場合は精子の数が少ない、精子の運動率が低いといった問題、
女性の場合は排卵障害、着床障害、卵管障害といった病気を抱えている場合があります。
「器質性不妊」では、病気やストレスが原因で子宮や卵巣などの機能が低下することはよくあります。
しかし、婦人系疾患は原因さえわかっていれば治療は十分可能ですので、クリニックで検査をして不妊治療を行ってください。

ただし、もう一つの「機能性不妊」と言われるタイプは厄介です。
何しろ、2人とも体には異常がないのに妊娠できないのですから。
もっとも、厳密に言えば、精神疲労、虚弱体質、体力不足、ストレスなど、体に異常がなくても妊娠を妨げる要因は多々あります。
身体的な原因が見当たらない場合は、治療はタイミング指導が基本になります。
しかし1~2年経っても妊娠しなかったり、女性が高齢になってくると、人口授精や排卵誘発剤の服用を勧めるでしょう。
中国では不妊は「血の巡りが悪く、子宮内の血行が滞っている」ことが原因だと昔から言われています。
中国医学では、血行不良、免疫力低下、内分泌異常、自律神経失調など、いわばストレスが原因だと考えられる病気が不妊に影響していると考えられているのです。

Contents