妊活通信ー赤ちゃんを望むあなたへー

不妊治療を受けてみる

とりあえず検査を受けてみる

不妊が疑われる時、病院に相談に行くのは、大抵は女性です。
主婦などは時間が取りやすいからかもしれませんが、やはり女性の方が不妊を真剣に考えていると言えるでしょう。
女性にとっては一生の問題でもありますから、病院でも女性の検査の方が優先されがちです。
しかし、子供は一人では作れません。 不妊はカップルの問題なのです。
できれば二人一緒に病院に相談に行きたいものですね。
そして可能であれば、男性が先に検査を受けて欲しいと思います。
なぜなら、男性が受ける最初の検査は簡単で、痛みもないからです。
射精した精子の数や運動率、奇形率などを確かめるだけなので、すぐに結果を知ることができます。
それに比べて、女性が受ける検査は大変です。
検査は多岐に渡り、中には激痛に耐えなければならないものもあります。
女性の場合は原因を特定するためにどうしても検査項目が多くなるのです。
まずは男性が検査を受けてほしいと思います。
それは最初に女性に痛い思いや辛い思いをさせないという、立派な思いやりのある行動ではないでしょうか。
ただし、男性は不妊症に対する現実感が希薄な傾向があります。
「そのうち妊娠するんじゃないかな」と他人事のように考えている人も多いでしょう。
だからこそ時に女性は一人で悩んでしまいますし、検査や不妊治療のことを言い出せなくなったりするのです。
でも二人の問題なのですから、勇気を持って話し合って欲しいと思います。

Contents