妊活通信ー赤ちゃんを望むあなたへー

不妊治療を受けてみる

不妊治療の概要

不妊治療を始める前に、大まかな知識を知っておきましょう。

・一般不妊治療
代表的な治療法にタイミング指導というものがあります。
これはカウンセリングや様々な検査をしつつ基礎体温表に従ってセックスのタイミングを測っていく、というものです。
排卵の状況をなるべく正確に把握して、時には排卵誘発剤を使ったりしながら、セックスのタイミングを調整します。
最適な受精のタイミングとは、排卵の直前にセックスをすること。
すると精子が卵管膨大部で卵子を待ち伏せしている状態になるのです。
精子も卵子も新鮮な方が元気なわけですから、当然妊娠の確率は上がります。
しかし、確実な排卵日を予想するのは医者でも難しいもの。
だから妊娠の確率を高くするには、排卵が予想される前後の日に集中してセックスすることが効果的なのです。
もしタイミング指導で妊娠しなかった場合は、排卵誘発剤使用や人工授精を試してみることになります。
人工授精とは、採取した精子を子宮内に直接注入することを言います。
この人工授精までが一般不妊治療の範囲となり、2年間ほどの時間をかけて行うことが一般的です。

・高度生殖医療
一般不妊治療で妊娠しなければ、高度生殖医療へと進むことになります。
一般的なのは、女性の体から卵子を取り出し、外部で精子と受精させてから子宮に戻す、いわゆる体外受精でしょう。
その他にも、男性に不妊問題がある場合は、顕微授精という治療法があります。
これは元気な精子を選抜し、顕微鏡で確認しながら直接卵子に注入する方法です。
さらに、「ギフト法」も効果が高い方法です。
これは女性の腹部に穴を開けて卵管膨大部に直接卵子と精子を送り込む方法で、比較的妊娠率が高いやり方ですが、外科手術の範疇になるので、何回も繰り返すことはできません。
なお、妊娠したかどうかは、胚移植の14日後に尿検査や血液検査を行って確認します。

Contents