妊活通信ー赤ちゃんを望むあなたへー

不妊治療を受けてみる

検査と薬の基礎知識

女性の場合、不妊症に対する検査は多岐に渡ります。
一度で済む検査もありますが、毎月チェックが必要なものもあります。
月経周期に合わせて行う検査も多いので、頻繁に通院もしなければなりません。
処方される薬も、排卵誘発剤、排卵コントロール剤、卵胞ホルモン剤、副腎皮質ホルモン剤、黄体ホルモン剤と多種多様。
当然、副作用にも気を付けなければならないので、体調に異変があったり、不安が生じた場合は早めに医師に相談して、きちんと説明を受けてください。
また、並行して鍼灸治療を受ける人は、服用している薬剤の情報や病院での検査結果なども鍼灸師に伝えておきましょう。
特に血液検査の結果は鍼灸師にとっても重要な情報になります。
逆に、検査に関する知識が足りない鍼灸師は、残念ながら不妊治療には力不足かもしれません。
むろん、鍼灸師は不妊治療の専門家ではありませんが、人体を扱うプロである以上、最低限の知識は備えていてほしいものです。

Contents