妊活通信ー赤ちゃんを望むあなたへー

自分でできる妊娠のための工夫

基礎体温を記録しよう

基礎体温は最も簡単な女性の生理周期の測定法なので、ご存じの方も多いでしょう。
女性は体温が高温期と低温期の2相に分かれます。
これはホルモンの分泌の変化によるもので、高温期は排卵によって黄体ホルモンが分泌され、その作用で体温が高まります。
自分でまず基礎体温をしばらく測ってみれば、生理周期を大まかに把握できるようになるので、排卵日もわかるようになります。
しかし、不妊に悩む人の場合は高温期と低温期が曖昧な場合もあります。
すると排卵日が非常にわかりにくくなってしまいます。
最近では、1年中冷え症やストレスで悩む女性も増えています。
こういう人の場合はホルモンが分泌されていてもうまく体温に変化が現れない場合もあるのです。
不規則な生活は特に体温の変化に乱れを生じさせるので、注意しなければなりません。
睡眠時間や測定時間帯がバラバラでは、せっかく体温を測ってもデータとしての役割を果たせなくなってしまいます。
基礎体温計測がうまくいかない日が続くと、基礎体温を測ること自体が億劫になってきます。
そのストレスがホルモンバランスに影響し、さらに妊娠しにくい体を持続してしまうという、悪循環に陥ってしまうことにもなりかねません。
もし基礎体温を測ることにストレスを感じ始めているなら、他の方法に切り替えましょう。
方法は一つではありません。

Contents